院内機器


内視鏡

主に胃や腸の異常を見つけるために使います。

また、小さいものでしたら誤食した物も取り出せます。


骨折用プレート(LCP)

骨折治療に使う最新のプレートです。

骨に直接圧迫させないため骨折の治癒を促進します。


眼底カメラ

眼底検査は瞳孔の奥にある眼底の血管、網膜、視神経を調べる検査です。網膜剥離や眼底出血、緑内障などの目の病気を調べるときに行ないます。


眼圧計

眼圧検査は房水という液体によって保たれている眼球の内圧(眼圧)を調べる検査です。特に緑内障(眼圧が高くなる病気)を疑う場合に必要な検査です。緑内障は色々な原因で起こりますが、白内障から緑内障を引き起こすことがあるので注意が必要です。


スリットランプ

スリットランプとは、細隙灯とも呼ばれるもので、両方の目で見る検眼用の顕微鏡です。眼を立体的に観察することができ、角膜や水晶体などを検査することができます。


血球計算機

主に赤血球、白血球、血小板を測定します。貧血や感染症、出血傾向などがないか調べることができます。


血液生化学測定機

血液中にふくまれる様々な成分を分析して病気の診断、治療の判定などに利用します。主に血糖値、肝臓、腎臓の機能、電解質、栄養バランスなどを調べます。


デジタルX線検査装置

骨や内臓の病気がないか、異物を食べてないか調べることができます。デジタルX線(NAOMI)を使っていますので、短時間で検査を終えることができます。


超音波診断装置

超音波を当てて、体内の組織にぶつかり跳ね返ってきたエコーを画像として映し出す検査です。痛みはなく、放射線の問題もないため繰り返し行える検査です。主に内臓、心臓、眼、関節の検査に使います。


クリヨペン

体のイボなどを無麻酔で取ることができる機器です。高齢であったり麻酔リスクのある子達に安全に使うことができます。短時間で済み、痛みもほとんどなく治療することができます。


麻酔機

吸入麻酔を行うことで手術中の麻酔濃度を調整し、より安全な麻酔を行います。

肺から吸収、排泄されるため内臓機能が低下している子達にも使用することができます。


麻酔モニター

手術中は必ずの麻酔モニタリングを行い心電図、心拍数、血圧などを測定し、異変がないか監視します。