新しいアトピー治療薬:アポキル

従来のアトピー治療にはステロイドや免疫抑制剤などが主流でしたが、今回新しく発売されたアポキルはアトピーの痒みをコントロールする薬です。ステロイドは安価で且つ痒みをコントロールすることに優れていますが、同時に副作用(易感染性、筋虚弱、糖尿病、肝酵素上昇など、その他多数)が問題になります。アポキルはステロイドに匹敵する痒みコントロールが可能で、副作用は低頻度です。ステロイドに比べ高価ですが、安全性の高いアトピー治療ができるようになります。