巻き爪について

今日は爪切りについてお話しいたします。わんちゃん、猫ちゃんの爪には狼爪(ろうそう)と呼ばれる爪があります。狼爪は前肢内側上部についている小さな指の爪で、親指にあたる部分です。この爪は地面につかないため、伸びていることに気がつかない場合が多いです。狼爪に限らず爪を切らずに放置しておくと、巻き爪になって肉球に食い込んでしまったり、伸びすぎた爪がカーペットやケージの柵などにひっかかり外れなくなってしまうと、根元から折れたり、抜けてしまうこともあります。遊んでいる時やグルーミングをしているときなど月に1回は爪が伸びていないか確認していただけると安心です。当院では、爪切りのみも行っておりますので、お家で難しい場合は病院へお連れください。