犬の膝蓋骨脱臼について

今日は、犬の膝蓋骨脱臼という病気について紹介いたします。膝蓋骨脱臼とは、後肢にある膝蓋骨(膝のお皿)が正常な位置から逸脱した状態をいいます。内側にはずれる内方脱臼と、外側にはずれる外方脱臼がありますが、発生頻度は圧倒的に内方脱臼の方が高いです。すべての犬種に発生がみられますが、とくに内方脱臼はトイプードル、ヨークシャーテリア、ポメラニアン、シーズー、チワワなどの小型犬種に多いといわれています。原因は、先天性と後天性にわけられ、先天性のものでは出生時からの股関節周囲の筋肉や骨の形成異常が存在し、加齢とともに異常が進行して股関節の脱臼を招きます。後天性のものでは、打撲や落下などによる外傷性の原因で膝蓋骨周囲の組織に損傷が生じたり、骨に関連する栄養障害などによって骨の変形が生じた結果、発症します。跛行したり歩行に異常がみられる場合は病院へお連れください。

また、脱臼が継続すると大腿骨、脛骨の変形や前十字靭帯断裂につながります。跛行などの症状がなくても骨の変形は進み、手術の難易度や術後の再脱臼率が上がりますので、診断されたら早期の手術をおすすめ致します。