犬の乳腺腫瘍

犬の乳腺腫瘍は、犬の各種腫瘍のうち皮膚腫瘍に次いで二番目に発生の多い腫瘍であるといわれています。50%以上は良性といわれていますが、犬の乳腺は5〜7対あり、同一の乳腺組織内に複数の異なった種類の腫瘍が発生したり、それぞれの乳腺組織に違う種類の腫瘍が同時期に、あるいは時期をずらして発症することもあります。また、乳腺腫瘍は雌犬のみに発生すると思われがちですが、雄犬にも発生します。乳腺腫瘍の特徴は乳腺組織にしこりがみられることでありますが、しこりの大きさはさまざまであり、硬いものもあまり硬くないものもあります。腫瘍の発育も2〜3ヵ月の間に急速に大きくなるものや、数年かかって大きくなるものまでさまざまです。

お家のわんちゃんも、お腹を触ったときに乳腺にしこりがないかを定期的に確認し、早期発見できるようにしましょう。雌犬は初回発情前に避妊手術をすると乳腺腫瘍の発生率が低下するといわれているので、手術をお考えの方は早めの避妊手術をおすすめいたします。