循環器科


僧帽弁閉鎖不全症

あらゆる犬種に発生する可能性のある後天性の心臓病で、左心房と左心室の間に位置する僧帽弁が変性し、心臓内で血液が逆流してしまう病気です。4~5歳齢をピークに、加齢とともに、その発生が増加します。

症状

発生当初は無症状で心内雑音(心臓の収縮期に血液が逆流する音)のみですが、病気が進行すると発咳、呼吸困難、失神などの症状がみられるようになります。

原因 

左心房と左心室の間に位置する僧帽弁が変性し、心臓内で血液が逆流することが原因です。左心房へ血液が逆流することにより左心房および肺静脈の圧が上昇し、肺で血液のうっ滞が起こります。この状態が長く続くと、心臓のポンプ力が低下し、心不全状態になります。小型犬で発生が多く、特にキャバリアは若齢でも発症することがあるので注意が必要です。

診断

レントゲン検査、心臓の超音波検査、心電図検査などを行い診断します

治療

投薬治療を行うことで安定化することができます。病態ごとに投薬内容を変える必要がありますので、定期的な検査が必要になります。また、治療を行っていても急性心不全を起こす可能性がありますので、安静時の呼吸回数が増加した、呼吸が苦しそう(首を伸ばして呼吸する、横になるのを嫌がる)などの症状がでた場合は早急に受診するようにしてください。



心原性肺水腫

肺内に液体がたまることで肺のガス交換が障害され、呼吸困難を起こします。心臓病が原因の場合(心原性)と、心臓以外が原因で起こるもの(非心原性)があります。

症状

首を伸ばした姿勢や開口呼吸、頻呼吸がみられます。肘を外側に向け、少しでも胸が膨らむような姿勢をとる場合もあります。チアノーゼ(舌の色が紫色になる)もみられます。

原因 

何らかの原因で心臓の左心室から全身に流れる血液が低下し、肺に血液が過剰に滞ることで起こります。多い原因としては僧帽弁(心臓の左心房と左心室を隔てる弁膜)疾患があります。

診断

レントゲン検査、超音波検査などを行いますが、呼吸状態が悪い場合は無理に保定することで状態を悪化させる可能性があるため、肺水腫を疑診した段階でまず治療を行い、呼吸状態が安定したら検査を行います。

治療

高濃度酸素の供給、利尿剤、心臓薬を使用します。