365日診療

ご予約はウェブで

またはお電話で

☎055-972-6770

〒411-0906

静岡県駿東郡清水町八幡61−1

口が臭い・よだれが出る

カラムclassウィジェット

こんな症状はありませんか?

このような症状が見られたら、以下の病気などが考えられます。


カラムclassウィジェット

  • 口が臭い
  • よだれが多い
  • 固いものが食べられない

フルサイズカラムラップウィジェット

★Point dog

犬の病気


カラムclassウィジェット

★Point dog01

歯周病

歯周病

日本では3歳以上の犬猫の約80%が歯周病にかかっているといわれています。歯周病を放置すると歯ぐきが腫れて膿が出る、歯が抜け落ちる、口臭などの症状があらわれ、さらに進行すると顎骨を溶かし、顎骨骨折を引き起こします。また、歯周病は口腔内だけの病気と思われがちですが、全身の病気とも大きく関係しています。歯周病菌に含まれる毒素が全身に回ると心臓や肝臓、腎臓など内臓へのダメージを与えてしまいますので早期の治療がとても大切です。しかし、まずは毎日のデンタルケアをしっかりと行い歯周病を予防しましょう。

このような症状がある愛犬は歯周病の可能性があります

  • 口が臭い
  • よだれが多い
  • 歯に汚れがある

カラムclassウィジェット

★Point dog02

悪性黒色腫(メラノーマ)

悪性黒色腫(メラノーマ)

メラノーマはメラニン色素をもつ細胞が腫瘍化してしまう病気です。体表面のあらゆる場所に発生します。皮膚のメラノーマは目立たない黒い斑点から、急速に成長する大きな腫瘤(しゅりゅう)まで様々です。また、犬の口腔内腫瘍としてはよく見られるものであり、そのほとんどが悪性で進行が早く転移もみられます。口腔内のメラノーマは口腔内からの出血で発見されることが多いです。まずは細胞診検査で病気を特定し、腫瘍の広がりを確認します。治療は外科手術がメインとなり、広がりがあまりなければ局所的に治癒することもありますが、ほとんどの場合転移をおこすため早期発見、早期治療がとても大切です。

このような症状がある愛犬は悪性黒色腫(メラノーマ)の可能性があります

  • 皮膚に黒いドーム状のできものがある
  • 口にできものがある
  • 口から出血をしている

フルサイズカラムラップウィジェット

★Point cat

猫の病気


カラムclassウィジェット

★Point cat01

口内炎

口内炎

猫の口内炎とは、口腔内(歯肉、舌、頬の内側など)に炎症が起きてしまう病気です。口内炎になる原因は、感染症によるものや猫エイズ、猫白血病、糖尿病、腎臓病など免疫低下によるもの、歯周病によるものなど様々です。症状は舌、歯ぐきなど口腔粘膜に腫れや炎症が起こって出血、よだれ、口臭などがみられます。また、フードを食べづらそうにしたり、体重減少などもみられます。炎症を抑える薬を投薬する内科療法で状態は良くなりますが投薬をやめると再び悪化することがあり、慢性的になってしまう場合も多くあるため、全身麻酔による抜歯など外科治療を行う場合があります。

まずはご自宅でのデンタルケアや感染症を防ぐためのワクチン接種、外に出さない(ケンカを防ぐ)などが大切です。

このような症状がある愛猫は口内炎の可能性があります

  • 口が臭い
  • よだれが多い
  • 食事を食べづらそうにする
  • 歯ぐきが赤く腫れている

カラムclassウィジェット

★Point cat02

扁平上皮癌(へんぺいじょうひがん)

扁平上皮癌(へんぺいじょうひがん)

扁平上皮癌は、皮膚や粘膜を構成する扁平上皮細胞が腫瘍化したもので、耳の周りや鼻、眼、口の中など顔面に多くみられる悪性の腫瘍です。猫では被毛が白い子によくみられるといわれています。口腔内の腫瘍では発生頻度が非常に高く、痛みを伴う場合もあります。扁平上皮癌が疑われた場合はなるべく早い時期に切除手術を行うことが重要ですが、初期症状はほとんど現れず来院した時にはかなり進行していることも多いため、しこりがある、病変部をしきりにかいて出血している、皮膚がただれている、口を痛がっているなど少しでも気になる症状がある場合はお早めのご来院をおすすめします。

このような症状がある愛猫は扁平上皮癌(へんぺいじょうひがん)の可能性があります

  • しこりがある
  • 口が腫れている
  • 口を痛がる

カラムclassウィジェット

当院の治療について


フルサイズカラムラップウィジェット

歯科用レントゲン

特徴1

歯科用レントゲン

当院では麻酔下による歯の処置時にレントゲン撮影を行っています。細部までしっかり観察することによって必要な処置を的確に行います。

経験豊富な獣医師によるアフターケア

特徴2

経験豊富な獣医師によるアフターケア

経験豊富な獣医師が術後のアフターケアやデンタル指導をしっかりと行います。

安易な対症療法は行いません

特徴3

安易な対症療法は行いません

見た目では分からない潜んでいる病気を見つけ出すため、血液検査やレントゲン、超音波検査など必要な検査を実施し、適切な治療をご提案します。


カラムclassウィジェット

治療の流れ


カラムclassウィジェット

1
問診

いつからどのような症状が出ているのか?どのように進行してきたか?他気になる症状や経過についてなど注意深く問診致します。

問診

カラムclassウィジェット

2
触診

全身の身体検査と口の中を注意深く観察します。

触診

カラムclassウィジェット

3
治療

歯科処置には全身麻酔が必要になるため、血液検査、レントゲン検査、超音波検査など術前の検査を実施したのち、全身麻酔下で歯のレントゲン検査、必要な処置を行います。

治療

フルサイズカラムラップウィジェット

診療料金

症状(歯) 診察料 検査・治療 お薬代
軽度 550円 -

110円〜/日

880円~(外用)

調剤料

中程度 550円

歯周病治療 28,000円~
注射 2,800円~

110円〜/日

880円~(外用)

調剤料

重度 550円

歯周病治療+抜歯 48,000円~
注射 2,800円~

110円〜/日

880円~(外用)

調剤料

※体重5kgまでの場合の診療料金です。


症例アイコン一覧ページの内容がここに表示されます