大切なご家族の未来のために 大切なご家族の未来のために
早期発見、早期治療でご家族の健康を守りましょう 早期発見、早期治療でご家族の健康を守りましょう
365日の安心を 365日の安心を
専門医が選択の幅を広げます 専門医が選択の幅を広げます

365日診療

ご予約はウェブで

またはお電話で

☎055-972-6770

〒411-0906

静岡県駿東郡清水町八幡61−1

猫伝染性腹膜炎(FIP)について

猫伝染性腹膜炎(FIP)とは?

猫伝染性腹膜炎(FIP)は、猫の6~7割が保有しているとされている猫腸コロナウイルスが、何らかの原因で非常に毒性の強い猫伝染性腹膜炎ウイルスに突然変異することで引き起こされる感染症です。

特に若い猫や免疫力が低下している猫にみられます。


猫伝染性腹膜炎(FIP)の特徴

猫伝染性腹膜炎ウイルスは2つの型に分類されます。お腹や胸に水が溜まり、呼吸が苦しくなるのが特徴のウェットタイプと、様々な臓器に肉芽腫を作るのが特徴のドライタイプにわけられます。

症例が多くみられるのはウェットタイプで、ドライタイプと比べて進行が早いのが特徴です。

猫伝染性腹膜炎(FIP)の原因

冒頭でも述べたように、猫腸コロナウイルスが何らかの原因で非常に毒性の強い猫伝染性腹膜炎ウイルスに突然変異することで引き起こされます。

きっかけとなる猫コロナウイルスは、感染している猫の糞便、尿、唾液、鼻水が感染経路となり、傷口やグルーミング、猫同士のなめ合いから感染することがあります。

猫伝染性腹膜炎(FIP)の症状

猫伝染性腹膜炎(FIP)は発症から数日以内に亡くなってしまう可能性もあるため、早期治療が大切です。症状がみられた場合にはお早めにご相談ください。

このような症状がみられたら、猫伝染性腹膜炎(FIP)の疑いがあります!動物病院で診断を受けましょう。

 

●元気、食欲がない

●発熱

●嘔吐、下痢

●お腹がふくらんできた

●呼吸が苦しそう

●白目の部分や耳の内側、歯肉が黄色っぽい

猫伝染性腹膜炎(FIP)の検査と診断

🔶血液検査、レントゲン検査、超音波検査

 検査を組み合わせることで、他の病気を除外しながら調べます。超音波検査でしこりが発見された場合には針生検を行う場合があります。

 

🔶胸水、腹水検査

 胸水や腹水が溜まっている場合は採取し、液体の性状を調べます。

 

🔶抗体検査

 猫伝染性腹膜炎の猫では多くの場合、抗体価の上昇がみられます。しかし猫腸コロナウイルスの感染でも抗体価が上昇するため、注意が必要です。他の検査結果と総合して、猫伝染性腹膜炎ウイルスによるものかどうかを判断します。

 

🔶コロナウイルス遺伝子検査

 ウェットタイプで、胸水や腹水が採取された場合は、PCR検査を用いてウイルスを検出することができます。

 

猫伝染性腹膜炎(FIP)の治療

今までFIPは完治できる病気ではなく、「不治の病」とされてきました。しかし最近ではFIPにおいて有効な治療薬(レムデシビル、GS-441524など)が開発されており、近年治療が可能な病気にかわりつつあります。

当院では以下の治療薬を導入しています。

レムデシビル(注射薬)

GS-441524(経口薬)


猫伝染性腹膜炎(FIP)は近年、治療できる病気となりました。

FIPの治療先をお探しの場合は当院にご相談ください。

ウェブで診療予約